*当センターへの労災・雇用保険加入を委託するメリット*

新型コロナウィルスが猛威を振るっている中、センターでは労災・雇用保険加入のスピード手続きを実施します。

【なぜスピード加入が可能か】

電子申請を使うため、オーナー様に役所に行っていただかなくて大丈夫です。

全国47都道府県(離島含む)対応可能です。全て電子申請と郵送で完結します。お会いする必要もありません。


厚生労働省認可団体(認可番号:11-3388)の為、労働保険番号の即日発行が可能です。

オーナー様はパソコンかスマホ1台あればOK。もし無い場合はFAXのみのやり取りでも可能です。
 

労災保険・雇用保険のスポット契約も可能で、顧問契約を締結いただく必要はありません。

遠方のオーナ様は電話で対応致します。対面をご希望の方はテレビ電話にてご面談致します。

使用テレビ電話ツールZOOM

さかのぼり加入も可能です。さかのぼりは最大2年までとなります。
 

例)2020年6月30日 

労災保険と雇用保険未加入

→2年間フルでさかのぼりたい場合

2018年7月1日に加入していた・・・という手続きが可能です。

役所に提出する賃金台帳、出勤簿や諸々の書類のご支援も実施しております。

また、当センターにご依頼頂く事でオーナー様の労災保険特別加入も可能です。

通常オーナー様は労災保険に加入出来ないのですが、厚労省の認可団体の当センターならお手続き出来ます。

●労災保険の特別加入とは

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/040324-5.pdf

 

労働保険料(労災保険料+雇用保険料)の3分割払いにも対応しております。

【労災保険・雇用保険加入の流れ】

①まずはお問い合わせフォーム、又はお電話にてご連絡ください。

②御社の状況をヒアリング、契約内容をご説明します。

 

③郵送にて契約書の送付、署名押印、返送頂きます。

 

④御社の情報(住所、電話番号、従業員情報など)をシートで送って頂きます。

 

⑤当センターで電子申請にて手続きを実施、各行政機関へデータ送信。

 

⑥各行政機関より当センターへデータにて完了通知、決定通知書などが送信。

 

⑦当センターからデータにて御社へ送信。完了連絡。

*パソコンかスマホのメール、又はFAXで完結します。

*⑥の決定通知書は多少時間がかかります。助成金申請の場合は決定通知書を待たず申請データを添付書類とする事でも認められますので、お急ぎの場合はご用命ください。

【事前にご準備頂きたいもの】

お急ぎの場合は下記を事前にご準備ください。

*全てコピー、又はPDFで大丈夫です。

●労災保険加入の場合

・お店の賃貸借契約書

(お店の住所がわかるページ)

●雇用保険加入の場合

・登記簿か税務署へ提出した開業届

・オーナー様の免許証か住民票

(マイナンバーカードがあれば住民票はコンビニで取得可能です)

・お店の営業許可証

​・加入する方のマイナンバー

【コロナ対策情報】

新型コロナウィルス感染症に関する助成金、補助金、融資制度、社会保険料猶予、売上げ回復、家賃交渉、解雇関連情報をまとめてあります。是非情報をご活用下さい。

​コロナ対策情報​

【労災保険料】

飲食店は0.3%です。月給10万円の方がいたらお店負担は月額300円です。

詳細はこちら

【雇用保険料】

​飲食店はお店負担が0.6%、従業員負担が0.3%です。

月給10万円の方がいたらお店負担は月額600円、従業員負担が月額300円です。

詳細はこちら

【保険料納付方法】

年1回の労働保険料(労災保険料+雇用保険料)年度更新作業にて保険料額を申告、納付となります。(年1回か3回にで納付)​                                            

*この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。​

・労災保険とは?

・雇用保険とは?

・事務所案内

​労働保険事務組合

​事務受付センター

〒336-0926

埼玉県さいたま市緑区東浦和7-41-21-103

TEL 048-764-8911

FAX 048-799-2043